×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウォッカのおいしい飲み方

ウォッカのおいしい飲み方

ウォッカと聞くと冬国の強い酒と言うイメージがありますよね。
そのまま杯に注ぎ豪快に飲み、喉が火傷するような感覚を味わうのが通とされるウォッカですがよっぽどの酒豪でもない限りオススメする飲み方ではありません。
実際、ウォッカの本場であるロシアでは「若い内にウォッカで肝臓を痛めつけ、年老いてから肝臓に痛めつけられる」と言われる程強い酒です。
このためウォッカをおいしく飲むのには日本人向けの飲み方と言うものがあります。

 

よくお酒はそのままの味を楽しむのが通と言いますが、日本人と西洋人では味覚やアルコールへの耐性が異なる為、そのままでは本当においしく頂くことはできません。
このためお酒を割るのはウォッカの飲み方として正解です。

 

お酒のそのままの味を楽しみたい場合は、冷蔵庫で冷やしたウォッカを氷と水で割って飲むといいでしょう。
ウォッカの種類によって水の量は大きく変わりますが、自分好みに調整してみましょう。
このウォッカの水割りは一見何て事のない飲み方のように見えますが、良く冷えた氷と水、ウォッカが混ざり合う事で原材料のフルーツや穀物の風味とウォッカのコクを舌で味わうことができる飲み方なのです。